スポンサーリンク





--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/22

法律事務所ホームワンのCM・・ホームワンやアディーレ法律事務所などは信用できるのですかね?

■法律事務所の相談です。

債務整理をする為に弁護士相談をしたいのですが、ホームワンやアディーレ法律事務所などは信用できるのですかね?

法テラスなどもいい話を聞きません。

相談経験のある方アドバイス下さい。



●法テラスから紹介される弁護士はまちまちなんで、そんな評判あてになりませんよ。

最初の2つはテレビCMやりまくってるところですね。

弁護士相手に悪いこと書けませんがな。

アドバイス!

しっかりと面談してくれて料金説明してくれるところを選ぶべき。
スポンサーサイト
2016/02/22

個人的には、ホームワンをお勧めします・・消費者金融ではないですが、2002年からキャッシングをしている所があります

■消費者金融ではないですが、2002年からキャッシングをしている所があります。

相談だけでもしたいのですが、相談料とかいくら位が相場ですか?

最近CMでアディーレ法律事務所…

やってますが、あちらの事務所はいかがでしょうか。

悪いウワサなどありませんか?

また、良心的な所があれば教えて下さい。

神奈川在住です。



●過払いの相談ならば、無料の方が主流です。

アディーレ法律事務所も無料です。

個人的には、ホームワンをお勧めします。

弁護士と話をするだけなら 初回5000円が相場です。

また 市区町村の弁護士の無料相談日もあります。

いずれにしても 話を聞くだけで具体的な数字の調査になると手数料が発生します。

特にテレビCMやっているところでなくてもほぼ同じです。
2016/02/22

訴訟になると着手金は返金しない・・アディーレ法律事務所に依頼をしたのですが・・

■「弁護士」の「解任」について質問です

「アディーレ法律事務所」に依頼をしたのですが、相手方と連絡もとらず、話し合いに応じないとの理由で「訴訟」を起こされました

「訴訟」になると「着手金」は返金しないと言う「システム」を使われ、あげく「裁判」の手続き書類や、新たな契約書類を一方的に送りつけてきました

昨年11月に依頼してから「弁護士」と話が出来たのは電話でたった3分

後は事務員からの電話とメール

直接「弁護士」に解任を伝えようと思っていますが、その「弁護士」と連絡取るのも日程を調整してからと言う返事

第一回口頭弁論まで日にちがないのにこの対応

早急に解任しなければ次の「弁護士」さんに依頼もできません

どうしたら解任できますか?



●委任契約書を取り交わしていませんか?

弁護士職務基本規程という弁護士が従わなければならない規則で、委任契約書を作成しなければならないことになっています。

その中で解約について書いてあると思います。

そもそも委任契約は、委任者はいつでも解任できるので、日程調整なんて待たずに、メールで解任する旨伝えればそれでいいと思いますよ。

メールを送ったら、弁護士からどういうことかと連絡があると思うので、その時に、改めて解任理由なども伝えればいいでしょう。



アディーレ法律事務所に措置命令 「今だけ」“期間限定”キャンペーン、実際にはほぼ常時
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000086-zdn_mkt-soci
2016/02/22

わたしもついに日雇い労働者

…………うそうそ。

ちゃんと、正規雇用で会社員をしてますが今回転職することになりまして社宅で借りてもらってる家からでなくちゃならないし・・・

いろいろお金がかかるので。

今までは異動っつっても会社が全部やってくれたからなあー。

しっかり貯金をしていれば、こんなことにはならなかったけど。

最悪、消費者金融でお金借りるしかないかもってことも考えていましたが・・・

自分のペースでできる日勤の存在に気づくことができたので親にも迷惑をかけず自分でなんとかできそうです。

遊ぶお金もしっかりほしいし。というのもありまして稼げるときにしっかりお金を作っておく算段です。

転職をしたら、ちゃんと貯金をします。

決めました。

一人暮らしは安月給も手伝ってなかなかたまりませんでしたし、浪費家もさらに手伝ってカオス状態。

目標は、30000なので4日働けば手には入るけどね。
2016/02/22

消費者金融 ブラックでも借りられる?

早急な対応が未来を変える

不妊治療に100万円以上、55%…NPO調査

2013年04月12日15時34分

提供:読売新聞



不妊治療患者の半数以上が、治療費に総額100万円以上をかけていることが、NPO法人「Fine」(東京都江東区、松本亜樹子理事長)がまとめた調査でわかった。

調査は昨年12月から今年3月にかけて、インターネットで実施、不妊治療経験者と治療中の患者計1993人から回答を得た。

これまで100万円以上の治療費がかかった人は55%で、3年前の前回調査(47%)より増えた。「経済的な負担を理由に、高額な治療に進むことをちゅうちょ、延期したことはあるか」との問いに、「非常にある」「ややある」と答えた人は81%に上り、「消費者金融からお金を借りている」という声もあった。

4人に1人が治療のことを職場の誰にも話しておらず、「派遣の契約に響く」「不妊への偏見が強い」などが理由だった。

今日のお題は・・・消費者金融 ブラックでも借りられる?のお話です。



■ お金に困っているのに、どこも貸してくれるところが無いという切羽詰まった時に限り、バイ菌のように、弱みにつけこんでくるのが、ヤミ金ですが、借りたい人にとっては、まるで救世士のように見えるかもしれません。

しかし、その実態は真逆の悪魔なのです。

地獄に仏ならぬ、地獄に悪魔という、もう地獄に突き落とされるほどの酷い目に遭いますよ。

本当に知って欲しいのは、消費者金融とヤミ金は全く別物です。油断すると足元をすくわれてしまいます。

こういったヤミ金は、ブラック認定者に甘い顔をして近づき、とんでもなく法外な利息を巻き上げる事が目的なのです。

さて、消費者金融のブラック情報(CRIN)は、3つの個人信用情報機関によって共有されています。

しかし、3つの期間がそれぞれ持っている情報のすべてが、共有されているわけではありません。

機関ごとに微妙にブラック認定される基準が異なっているのです。

そういう曖昧なブラック認定の隙をついて現れるのが、「ブラックでも借りられる」消費者金融なのです。

こういった対応をするところは、消費者金融とは名ばかりのヤミ金なのです。

消費者金融にブラック顧客として認定されると、ほぼ100パーセント融資が受けられなくなります。

なぜ、そこが”ほぼ”かというと、若干の抜け道があるからです。

消費者金融とヤミ金の違いは、結構ネットで見れば詳細に載っていますので、もしまだ読んでいないなら、今すぐに目を通してほしいです。

スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。