スポンサーリンク





--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/25

入国審査窓口の看板に/台北で乗り継ぎ待ちです

朝09:30成田発のフライトで台北に着きました。

チャイナエアラインは台湾の航空会社なんですね。

上海の空港で入国審査窓口の看板に、中国人と外国人の区別がなされていました。
台湾、香港、マカオの住民は外国人の方にカテゴライズされています。

・中華人民共和国在住者
・外国人および台湾、香港、マカオ在住者

そのまま続けてほしいなあ。。。


それにしても凄いラウンジです。
オシャレで広くて大勢収容できて、点心の種類が半端ない。

お腹いっぱいで食べられないのが残念です。

フライトで食べずにラウンジでというのが正解かもです。

台北のチャイナエアラインのラウンジ、是非行ってみて下さい。



チャイナエアライン、777-300ER型機がiFデザイン賞に/台湾

(台北 15日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)は15日、2014年10月に導入したボーイング777-300ER型機の客室など5項目が、世界3大デザイン賞の一つとされるドイツの「iFデザイン賞」に選ばれたと発表した。

受賞したのは客室のほか、ソフトウェア操作インターフェース、食器デザイン、休憩エリア「スカイラウンジ」デザイン、桃園空港第1ターミナルのラウンジ。

同社によると、客室は木目調の内装や書斎風のスタイルを採用し、東洋美学を表現。ラウンジは江南庭園の山水から得た発想をもとに、伝統と現代美学を融合させた。

授賞式は26日にドイツ・ミュンヘンで行われる。今回は世界53の国・地域から5295件の応募があった。

同機は、ビジネスクラスシートでドイツ「レッド・ドット・デザイン賞」の最高賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を、客室インテリアで日本の「グッドデザイン賞」を受賞している。

(陳葦庭/編集:名切千絵)
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。